君の罪さえも愛せる僕になりたかった
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 迷走 | main | お久しぶりに >>
終曲

遠い日を思い出してみている。あなたが初めて私を好きだといって、私を見つめてくれたあの日。あなたの腕の中でいつか来る終わりを想像して怖くなった、あの日。いつまでも消えない疑い。何度もささやかれる愛の言葉も、いつしか空虚になる。何も信じられなくて、些細なことであなたを傷つけてばかりいる。私、こんなことがしたいんじゃなかった。あなたのそばで笑って、あなたを幸せにしたいって、そう祈ってたはずなのに。今、全く正反対のことをしている。好きな気持ちに何一つ曇りなんてないのに、信じられないというただそれだけの感情が、あなたを傷つけていく。
どれだけ好きだといわれたら、あなたを信じられる?
どれだけ抱きしめてくれたら、あなたを温めてあげれる?
どれだけの夜を過ごせば、二人の愛は永遠になるの?
何も分からない。答えなんてどこにもない。あるのは、ただ。冷え切っていく二人の空気。

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://sorry-u.jugem.jp/trackback/105
TRACKBACK