君の罪さえも愛せる僕になりたかった
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

:::
たくさんの嫌なことが
いまの私を作ってくれてる。

何度も何度も立ち上がって
つっぱねて
助けを求めて
泣き叫んだ

ぐはぐちゃな心情
自分で自分がわからなかった

けど、いま

確かに私は歩いている
前を向いて
前よりずっとずっと強くなって
隣に歩く人を見つけて
更新

お題更新しましたー。


それにしてもなんか疲れたー。
詩のページに注意書き追加しました。

注意

お題を使用してくれるのは嬉しいのですが、小説の中に当サイトの詩の一部を使用するのは認めてません。
ここを見てくれるかは分かりませんが、一応つぶやいておきます。
度が過ぎていると感じたら配布ページにて対処したいと思います。

お久しぶりに
 更新しました。
詩とお題更新ですー。
更新

詩を更新しましたー。
相変わらずのろのろになっている気がする。

更新。

お題更新しました。

テスト勉強しなきゃいけないときにかぎってネットしちゃうのは
きっと現実から逃げてるんだろうなー。

やらなきゃ!
でもやりたくない。ジレンマ。

改装〜

サイト改装しましたー。
そして詩も追加。
とてもお久しぶりになります;
お題のページはまた一気に更新したいと思っています。
見ずらいところがあったら拍手などで教えていただけると助かります。
あとお題ページの規約を変更しています。
以前から使用の方もできたら見ていただけるとうれしいですが、無理にリンク貼らなくても大丈夫です。
でも2月以降お題を使用される方は遵守していただけるようお願いします。

更新

愛し方を知らないなら


詩とお題更新しました。
間違いなく今年最後の更新。
来年はもうちょっと更新頻度をあげていきたいなー。
というわけで、今年一年のろのろとした当サイトとお付き合いありがとうございました^^
いつも見に来てくれる方がいるから、なんとかやっていけてます。
来年もお付き合いよろしくお願いします。

up

あなたを救える、なんて本気で思ってた


サイト久々に更新。
今年は誌が50個もいきそうにない予感。

誰も救えやしない
また、殻に閉じこもろうとしている自分に気づく。
誰も分かってくれない。
誰にもこの気持ちは理解できない。
醜い嫉妬心でいっぱいになった気持ちを、誰に伝えろと言うのだろう。
何でも言えるはずなんてない。
そうやって失望していく。
本当のことを、気兼ねなく話せる人が、私にはいないの?
こんな気持ちを話して。自分が救われて、相手が重くなったら、それになんの意味があるって言うの?

今は誰にも会いたくないよ。
誰とも話したくない。
閉じこもらせて、一人にさせて。
また誰も信じられない。
そう叫ぶ心を救ってくれる人は、私を見てはくれないから。
しばらく。一人でもがくしかない。