君の罪さえも愛せる僕になりたかった
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

:::
たくさんの嫌なことが
いまの私を作ってくれてる。

何度も何度も立ち上がって
つっぱねて
助けを求めて
泣き叫んだ

ぐはぐちゃな心情
自分で自分がわからなかった

けど、いま

確かに私は歩いている
前を向いて
前よりずっとずっと強くなって
隣に歩く人を見つけて
嘘発券機
鼓動が言葉になれば
簡単にあなたは気づくでしょう
私の嘘も強がりも全て
あなたは気づくでしょう

(本当は態度で全てわかってほしいのに)
更新

お題更新しましたー。


それにしてもなんか疲れたー。
詩のページに注意書き追加しました。

注意

お題を使用してくれるのは嬉しいのですが、小説の中に当サイトの詩の一部を使用するのは認めてません。
ここを見てくれるかは分かりませんが、一応つぶやいておきます。
度が過ぎていると感じたら配布ページにて対処したいと思います。

お久しぶりに
 更新しました。
詩とお題更新ですー。